東京国際映画祭にマスク1万枚と空気清浄機11台を寄贈

 10月30日〜11月8日まで開催される第34回東京国際映画祭(2021)にバリエールブロックウイルス対策マスク1万枚とレビレースウイルス浄化空気清浄機6台を寄贈しました。10月22日に東京国際映画祭、都島事務局長へ目録を贈呈いたしました。人が集まり密が懸念されるので、期間中は新型コロナウイルス感染症予防対策基本指針に基づいて安全対策を講じられており、そこに当社のマスクが1000人近くいるスタッフに配布され、より一層のクラスター発生の抑止になることを期待しています。空気清浄機もスタッフルームに配置されウイルスからみなさんを守っています。

有楽町駅前のチケットブースでも空気清浄機が配置され、スタッフの方のウイルス対策に役立っています。

 東京フィルメックスにも寄贈

東京国際映画祭と同時に開催される、第22回東京フィルメックスにも同様にマスク500枚と空気清浄機2台を寄贈いたしました。こちらもクラスタ発生の抑止になることを願っています。